スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八十八夜

88ya11.jpg
 八十八夜は、立春から数えて88日目にあたる日(5月2日頃)のことで、春から夏に移る節目の日、夏への準備をする決まりの日とされてきました。また、「八十八夜の別れ霜」と言われ、この頃から霜もなく安定した気候になり、茶摘み、苗代のもみまき、蚕のはきたてなどの農作業を始める目安となっていました。
その時期その時期に応じて農作業を始めたり、収穫を始めたり、衣替えの準備をしたりという自然とのつきあい方の知恵の伝承が暦なのかもしれません。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。